NiGuanDao! 4をWineで動かすまでの苦労話

NiGuanDao! 4(愛称:豊充風船商店ムービーダウンローダー)はLinux上で開発を行っており、然るべき条件さえ整えればWine上でほとんどの機能が利用可能です。
ところが、Wineはまだまだ発展途上のソフトウェアであるため全てのWindows向けソフトウェアが動作するわけではありません。残念ながらNiGuanDao!もWindowsと同じ条件では動作せず、そのためLinux上での開発がなかなか進みませんでした。

動作しない原因を突き止めたところ、内部で利用しているWindows用YouTube-DLに内包されているPythonインタプリタがWineと相性が悪いことがわかり、様々なバージョンのPythonをWineにインストールして試してみたところ2.7では正常に動作することがわかりました。つまりWineでNiGuanDao!を動かすにはPython 2.7とYouTube-DLを手動でインストールすればいいのです。

なお当方の開発環境はUbuntu系ディストリビューションのLinux mintですので、必然的にUbuntu向けの解説になります。
Wineは一応クロスプラットフォームですので他の環境でもあまり変わらないと思います。Wineは常に最新版、安定性に多少目を瞑れるのであれば開発版にしておくことをおすすめします。

Python 2.7とYouTube-DLのインストール

ネイティブなPythonはLinuxに標準でインストールされており、YouTube-DLもLinux用パッケージが提供されております。ところがそれをWineから利用することはできませんので、WineにWindows用のそれらをインストールする必要があります。

Python 2.7は公式サイトからダウンロード可能で、次のコマンドでダウンロードおよびインストールを楽に行なえます。

$ wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.13/python-2.7.13.msi
$ wine msiexec /i python-2.7.13.msi

次にYouTube-DLをインストールします。Pythonにはpipという便利なコマンドが用意されているためこの一行でインストールが完了します。

$ wine pip install youtube-dl

Windows Script Hostのインストール

NiGuanDao! 4はYouTube-DLの吐くJSON形式のデータを解析して画質選択を行っており、その時にWindows Script Hostを使用しております。そのため動作にはWindows Script Hostもインストールする必要があります。

winetrickがあれば次のコマンドで入ります。

$ winetricks wsh57

winetricksがない場合は予めインストールしておいてください。

$ sudo apt-get install winetricks

お疲れ様でした!

これでNiGuanDao! 4は動作可能なはずです。もしこれでも動かない場合は掲示板にて報告をお願いします。

ページ先頭へ